糖尿病や高血圧の人の食事療法

dietary cure

トピックス

ニュース

新しい写真

tounyou

糖尿病

kouketuatu

高血圧

カテゴリー

食事療法

syokuji

食事療法とは、病気の症状を治療、改善させるために食事を食べるということです。

病気によっては、食事内容によって病気が悪化したり、改善したりすることがあります。
これ以上症状を悪化させないために、また症状を改善させるために、病気に合わせて食事内容を作っていく必要があるのです。

糖尿病や高血圧など、様々な病気の場合にこの食事療法が必要になります。

制限食

seigen

食事療法は基本的には制限食が食べられることが多いです。
なにか特別な栄養素を摂取するための食事ではなく、特定の栄養素を摂らない、または摂り過ぎないようにするための食事です。

栄養素に問題はなくても、総摂取カロリーを制限する食事になることもあります。
病気によって制限される栄養素は異なりますが、塩分や糖分、カリウム等の栄養素が制限されることが多いです。
食事療法では、栄養素やカロリーが制限されることはありますが、極端に量が少ないということはありません。

予防的観念

食事療法は、病気の治療を目的とする場合だけではなく、病気の予防をするために行われる場合もあります。

生活習慣病などの病気には、塩分や糖分の過剰摂取が原因となって引き起こされることがあります。
また、肥満状態も様々な病気を引き起こす原因と言われています。
今現在病気の症状が出ていなくても、塩分や糖分の過剰摂取が続いたり、肥満状態が続くことによって生活習慣病が引き起こされる可能性が高いのです。
よって、食事療法をして栄養やカロリーを制限することで病気を防ぐことが可能なのです。